サービス概要

訪問医療 通所リハビリテーションセンター コールの丘 訪問リハビリテーション 訪問栄養
訪問医療
ご自宅で日常生活を送りながら健康管理や病気の治療

ご自宅で安心して療養生活が送れるよう医師・看護師による計画的な診療を中心に、病状に応じた検査・処置・注射などの外来で受けられるほとんどの医療行為をご自宅で受けて頂けます。また体調不良時には専用ダイヤルにお電話いただくと夜間・休日を問わず24時間365日体制で電話による指示や緊急往診などで対応いたします。ご本人はもとよりご家族の不安を取り除くために皆様に寄り添う医療の実践を心掛けます。

 
地域連携   診療内容   安心のサポート体制
皆様の療養生活を支えるためには多くの方との連携が必要になります。地域の病院や診療所をはじめ居宅介護支援事業所のケアマネージャー、訪問看護ステーション、訪問リハビリ、訪問薬剤、訪問栄養、訪問介護(ヘルパー)、訪問入浴サービス、福祉用具貸与などの社会資源といわれる方々と情報共有を強化することで、皆様にはより豊かで安心した生活をおくっていただけるような環境整備を致します。   皆様の診察には、救急専門医・集中治療専門医の資格を有する医師と看護師が日常の様子を毎週もしくは隔週で診察致します。またご自宅においても外来診療とは変わらないエコー、心電図、採血などといった検査や点滴・注射・床ずれ防止の処置まで幅広く対応致しますし、より高度な人工呼吸器管理や在宅酸素療法、中心静脈栄養管理、腹膜透析にいたる重症患者様やターミナルケアを必要とされる方も対応することができます。   通常の定期訪問診療に加え、体調不良時には患者様専用緊急ダイヤルにお電話を頂くと夜間・休日を問わず24時間・365日体制で電話による指示や緊急往診などの対応を致します。また万が一救急搬送が必要と判断された場合には救急車や搬送先の手配を行い、状況によっては医師が救急車に同乗いたします。また点滴や傷の処置などの継続的な管理が必要となった場合には、当院の看護師による訪問看護でサポートいたします。
通所リハビリテーションセンター コールの丘
患者様一人一人の個性を尊重しながら、歓び、楽しみを実感
通所リハビリセンター「コールの丘」は、ご自宅で療養されている方々に、新鮮な空気を吸っていただき、仲間と一緒に楽しくリハビリテーションをして頂くための施設です。患者様一人一人の個性を尊重しながら、歓び、楽しみを実感していただくことを目的としています。
リハビリテーション
専属の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による利用者様別のリハビリテーション計画を策定し、機器によるパワーリハビリ、歩行訓練、マッサージ、リラクゼーション中心のリンパマッサージや足浴などによる癒しとそれぞれ目的別にメニューを設定しております。
個性の尊重
シャンデリアの煌めく玄関ホール、広々としたラウンジ空間の一角には懐かしさを感じる薪ストーブやクラシカルなピアノ、緑豊かな中庭の紅葉の向こうにはゆったりとしたリハビリテーションルームを望む、そんな個性的な空間を提供し、ご利用者様それぞれの個性を尊重したサービスの提供を行っております。
食 事
ダイニングでは「ご家庭のお食事に限りなく近いものを」という理念のもと、管理栄養士による徹底した食事管理のもと、栄養士・調理師による季節の新鮮な食材やその旨みを最大限生かした出来たての温かいお食事をご提供いたします。またカフェレストランのような空間で手作りおやつやくつろぎのティータイムをお楽しみ頂けます。
訪問リハビリテーション
ご自身・ご家族でできるリハビリテーションの指導
コールメディカルクリニック広島では理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による訪問リハビリテーションを行っております。専門療法士がご自宅へ訪問し、よりよい生活を送って頂くために住み慣れた場所で、ご自身で出来るリハビリテーションや介護者の方でも行えるリハビリテーションを指導させて頂きます。専門療法士と共にリハビリテーションを行う事で引きこもりがちになりやすい状態や介護疲れを予防し、利用者様だけでなくご家族にとっても住みやすい環境を創ります。
 
理学療法   作業療法   言語聴覚療法
「立つ・座る・歩く」などの生活基本動作の回復を図ることを主たる目的としています。また社会生活を送る上で必要な福祉用具の選定、住宅改修へのアドバイス、環境調整などを行うとともに、近年では呼吸器疾患、心疾患、糖尿病などに対する運動療法や障害予防も対象となります。   基本動作・運動療法に加えて生活動作全般(トイレ動作・入浴動作・更衣動作など)を練習します。家事動作(調理や掃除)を練習する事もあります。また趣味活動のお手伝いや活動が行いやすくなるように道具の工夫もします。生活の様々な事をリハビリテーションに取り入れていくことが特徴です。   ことばによるコミュニケーションの問題を対象としたリハビリテーションです。ことばの障害を引き起こす失語症、聴覚障害、ことばの発達の遅れ、声や発音の障害などに対し指導・援助を行います。また、肺炎・低栄養の原因となる摂食・嚥下の問題にも専門的に対応します。
訪問栄養
管理栄養士の訪問による栄養相談や食事のアドバイス
コールメディカルクリニック広島では管理栄養士による訪問栄養を行っております。通院が困難な方や退院後にご自宅で食事療法を行っている在宅で療養中の方に対して自宅に管理栄養士が訪問し、栄養相談や食事のアドバイスを行います。訪問栄養指導では、食事の摂取量と栄養状態をチェックしたり、調理や買いものの相談、身体の状態に合わせた食事内容や食事の形態を提案。自分で食事づくりをするのが難しく、ヘルパーに頼んでいる場合は、ヘルパーに調理の指導をします。調理を担当している家族にアドバイスすることもあります。
 
栄養療法   栄養相談   調理指導
栄養状態を評価し、必要な方には栄養量や補給方法について検討を行っています。
食事調査や身体計測、検査データ、問診などから栄養状態を評価しています。
  症状に合わせた食事のとり方や食材の選び方などについて相談します。
食習慣や嗜好などできるだけ考慮し、続けていけるよう相談しています。
  状態に合わせた形態の提案だけでなく、電子レンジなどを使った手間を省いた調理方法や市販の商品をアレンジした簡単メニューなどを紹介しています。