Q&A

在宅医療について
在宅医療とは何ですか?
通院が困難な方、住み慣れたご自宅で継続的な医療を望まれる方に対して、医師・看護師が定期的な訪問診療を行います。また緊急時は24時間365日体制で連絡が取れ、必要に応じて医師が緊急往診にて対応いたします。住み慣れたご自宅で、穏やかにそして安心して療養いただけるようサポートいたします。
疾患は問いません。
どのような人が利用できるのですか?
(1) ご自宅での医療を望まれる方。
(2) 入院や通院が困難な方。
(3) 介護者が毎日のように病院に連れて行かなければならない方。(介護負担が重い方)
(4) 退院後も医療機器等をご使用で、常に医療や看護が必要な方。特別な医学管理が必要な方
(5) 脳血管疾患、神経難病、認知症などで寝たきりの方。
(6) 末期のがん等でご本人やご家族が住み慣れた自宅での診療・看護を望まれる方。ホスピスケア
(7) 晩年をご自宅で穏やかに過ごされたい方
尚、ご自分で通院が可能な方は、出来るだけかかりつけ医に受診してください。
すでに他の病院・診療所にかかっているのですか?
病院・診療所の専門医に外来通院されている方でもそれぞれの主治医の先生と連携して訪問診療いたします。ご自宅では難しい検査などは、患者さまの元々のかかりつけの病院や当院がご紹介する連携病院等に検査を依頼します。連携している病院の医師からは療養上の注意事項や指示を受け、当院からは訪問診療の経過を報告し、お互いに連絡を取り合いますのでご安心ください。
また、他の診療科での受診の必要性があるときは、速やかに連携する医療機関をご紹介いたします。
薬はどうなるのですか?
訪問した医師が患者さまのご自宅で診察後、必要な処方箋を発行します。その処方箋をお近くの処方薬局にお持ち頂き薬をもらってください。またご希望によっては、調剤した薬を薬剤師が自宅までお届けし、服薬についての注意事項説明もあわせて行います(訪問薬剤管理指導)。
診察の頻度はどのくらいですか?
診察の頻度は、患者さまの体調により異なりますが、平均的には2〜4回/月の定期訪問となります。
ただし体調を崩されている場合や集中的な治療が必要と認められた場合などの病状経過によっては連日の訪問をする場合がございます。加えて緊急時往診体制をとっております。
また、点滴・注射・処置など医師から指示が出た場合に看護師が単独で訪問する場合もございます。
診察の内容は?注射や点滴、検査は?
バイタルチェックなどの全身管理はもとより視診・触診・聴診を行い、検査・内服管理・注射・点滴・処置などを行うことが一般的です。検査とは、採血、検尿(便)をはじめ超音波(エコー)・心電図を用いた機器検査、その他在宅で可能な高度な検査を行います。また在宅で多いのは、注射・点滴をはじめ褥瘡の処置や胃ろう交換、気管カニューレ交換、膀胱留置カテーテル交換やさらには中心静脈栄養法や在宅酸素療法、在宅人工呼吸管理等の特殊な処置や管理が必要な場合にも対応いたします。またターミナルケアを必要とされる患者さまにも対応いたします。
↑このページの先頭へ
通所リハビリテーションについて
通所リハビリテーションとはなんですか?
医師の指示のもと看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護スタッフなどが心身の機能回復や介護にあたる、介護保険で利用できる通所施設です。食事、入浴などの日常生活支援や生活機能向上のためのリハビリテーションを行います。「コールの丘」では充実したリハビリテーション設備や入浴施設、また栄養士の管理下で心のこもった出来たてのお食事をお召しあがり頂けます。利用者の皆様に快適な環境を提供し、心から安らいでいただける空間づくりを目指しております。
どのような人が利用できるのですか?
通所リハビリテーションは、介護保険制度上のサービスのひとつです。ご利用頂ける方は、介護保険を申請され、認定を受けられた方に限ります。要介護1〜5および要支援1・2の方が対象です。
どういった機能回復などの訓練をしてくれるのですか?
有酸素運動やストレッチや筋力トレーニングやバランストレーニングなどを理学療法士の指導のもとで行い、運動器の機能向上を図っていきます。また、言語機能や口腔機能の低下防止や向上のためのトレーニングや指導などを行っていきます。
↑このページの先頭へ
訪問リハビリテーションについて
訪問リハビリテーションとはどんな事をするのですか?
リハビリの専門職がご自宅に訪問し利用者様の心身の機能回復や維持を図り、また日常生活の自立を目的にその方に必要なリハビリテーションを行います。(例:関節拘縮の予防・筋力トレーニング・歩行練習・趣味活動の援助・福祉用具の検討・摂食・嚥下訓練・言葉のリハビリ‥・など)原則、介護保険が優先となりますが、お持ちでない方は医療保険の対象となります。
訪問リハビリテーションはどんな人が訪問するのですか?
必要性に応じ理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が訪問します。
時間はどれくらいですか
介護保険を利用されている場合は1単位20分を2単位/回とします。時間にすると40分となります。
毎日来てもらえるのですか?
介護保険を利用されている場合は週3回までです。
寝たきりですがリハビリしてもらえますか?
寝たきりであっても関節が固くなる事を予防する事や福祉用具の検討・介助方法の検討などを行います。
↑このページの先頭へ
訪問栄養について
訪問栄養とは何ですか?
在宅で療養を行っている通院が困難な方のご自宅に管理栄養士が定期的に訪問し、食生活や栄養に関する様々な相談にのります
どのような人が対象ですか?
(1)食事管理の必要な方(腎臓病、糖尿病、肝臓病、胃潰瘍、貧血、膵臓病、高脂血症、痛風、心臓病、高度肥満、嚥下困難者などで、医師が食事管理を必要と判断した方)
(2)低栄養状態の改善が必要な方
どんなことをするのですか?
(1)食事摂取量と栄養状態の評価
(2)身体の状態の合わせた食事内容、形態の提案
(3)栄養補助食品、介護用食品、などの紹介
(4)調理や買い物の相談
(5)食生活に関わる様々な相談
どこに頼めばいいですか?
医師の指示が必要なため、かかりつけ医か担当のケアマネージャーへ相談ください。
どんな時に利用したらいいですか?
(1)退院後、どのように食事管理すればよいかわからない
(2)食事管理がうまくいかない(献立の作り方、調理の方法がわからない)
(3)栄養が足りているか、偏っていないか心配
   (食事療法をしているが、きちんとできているか分からない)
(4)食べている量が減ってきた、体重が減ってきている
訪問の頻度はどのくらいですか?
原則として1ヶ月に2回までの訪問で、食生活の改善や在宅で安心して食生活が送れるまでお手伝いします。3ヶ月程度の短期から、数年にわたる長期まで期間はさまざまです。
1回の訪問にかかる時間はどのくらいですか?
内容にもよりますが、30分〜1時間程度かかります。
費用はどのくらいかかるのですか?
(介護保険、医療保険を利用する場合、利用料は1回の訪問につき5300円です)
介護保険(居宅療養管理指導料): (1割)1回あたり530円
医療保険(在宅患者訪問栄養食事指導料): (1割)1回あたり530円/ (3割)1回あたり1590円
※その他、公費を受けていいる方では負担額が異なる場合があります
↑このページの先頭へ
利用や費用の支払について
診療やその他サービスを利用するにはまずはどうしたらいいのですか?
お電話(082-527-0455)にお問い合わせいただくか、当サイトのお問い合わせページにあるフォームからお問い合わせください。折り返しご連絡させていただいた上で、担当者が訪問し、当クリニックについてのご説明をさせて頂き、患者様の症状などをお伺い致します。
支払いはどうすればよいですか?
診療費は一ヶ月まとめてご請求いたしております。請求書を翌月中旬に郵送致します。毎月のご請求はご指定の口座からお引き落としさせていただきます。
↑このページの先頭へ
コールメディカルクリニック広島について
スタッフはどうゆう人たちが揃っているのですか?
医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士などの専門スタッフが揃っており、万全の体制を整えてご対応いたしております。
ケアマネージャーさんや介護ヘルパーとの連携はありますか?
在宅医療の目的の一つに「生活を支える」ことがあります。病気を治療するだけでなく介護する方への援助も大切です。担当ケアマネージャーとも密接に情報を交換し、介護ヘルパーさんとも共同作業で患者様の生活を支えます。患者様が施設にショートステイしたり、訪問入浴を利用したりする際には、病状、投薬内容、日常の様子等の情報提供を行っていきます。
夜間、休日は対応していただけますか?
患者様宅には当クリニックの「緊急専用電話番号」をお渡しいたしますので、何か変わったことがあった場合や相談したいことがございましたら24時間何時でもお気軽にお電話ください。しかるべき対処方法をお伝えすると同時に必要により往診をいたします。
↑このページの先頭へ